スキンケア

美容液は何が凄いのか!使わない手はない美容液の素晴らしい効果に着目してみた!

更新日:

美容液のすごさ!

 

1.美容液とは

美容液とは、一般的に、保湿や美白*などの美容成分を多く配合したスキンケアアイテムを指すことが多いようです。

顔全体はもちろん、気になる部分に集中的に使用するなど、普段のスキンケアアイテムに加えることで肌悩みに合わせたお手入れができたり、スキンケアの満足感を得られるとされています。

しかし、美容液に配合される美容成分の量等に決まりがあるわけではないため、テクスチャーや配合成分はメーカーによってさまざまです。

自身のテクスチャーの好みや肌悩みに合わせて選ぶと良いでしょう。
*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

2.美容液の役割とつける順番

2-1.美容液の役割
美容液は、美容成分を肌の角質層まで届けるという役割があると考えられています。つまり、「乾燥による小じわを目立たなくしたい」「肌の乾燥を防ぎたい」「日焼けによるシミを防ぎたい」など、明確な目的がある場合は美容液の使用がおすすめです。
一般的に、美容液には何歳から使うべきというような使用に関する定義はないとされています。



肌の乾燥が気になる場合や、早いうちからエイジングケア*をしたいという場合は、20代から美容液を取り入れてみてください。

人それぞれ肌タイプや肌悩み、化粧品にかけられる予算は異なります。自分の肌状態や生活環境に応じて、上手に美容液を活用していきましょう。

*年齢に応じたうるおいのお手入れ
2-2.美容液をつける順番
美容液は、通常、化粧水等で肌を整えた後、油分を含む基礎化粧品(乳液・クリームなど)を使用する前に塗布します。

基礎化粧品アイテムの役割を一連のステップで見てみましょう。
●クレンジング:メイクを落とす

●洗顔:肌の汚れ・洗い残したメイク汚れを落とす

●化粧水:肌に水分を与え、整える

●美容液:肌に必要な栄養を角質層まで届ける

●乳液・クリーム:肌に油分を補い、なめらかにする
商品によっては化粧水の前に使用するタイプもありますので、必ずパッケージで使用手順を確認しましょう。

美容液という言葉の定義が特に決まっているわけではないので、メーカーにより美容成分の配合濃度はさまざまです。自分自身できちんと配合量を確認・判断する必要があります。

3.魅力を引き出す美容液の使い方

せっかく美容液を手に入れたのなら、その美容液の魅力をしっかりと活かさなければもったいないですよね。
美容液を使うポイントをお伝えします。

①化粧水をしっかりなじませてからつける

化粧水をつけたらすぐに美容液をつけるのではなく、顔全体を両手で包み込むようにハンドプレスをしてからつけましょう。
きちんと化粧水がなじんでいると、美容液もより角質層に浸透しやすくなると言われています。



②美容液は適量を使う
もったいないからといって、美容液の量を少なくすることはやめましょう。
商品やメーカーによっても美容液の使用目安量は異なるため、使う前に必ずパッケージで適量を確認するようにしましょう。
特に表示がなければ、ポンプタイプの場合約2プッシュを目安にしてみてください。

③気になる箇所には重ねづけする

目元や口元などの乾燥しやすいと言われている箇所は、美容液を重ねづけすることをおすすめします。
ハンドプレスをしたときに自分の肌を確認しながら、季節や状況に応じて美容液の量を調整してみてください。
④毎日継続して使用する

美容液は、スペシャルケアとして使用するよりも、毎日使用することでより美容液の魅力を感じることができるとされています。
毎日続けられる価格の美容液を選ぶことも大切です。

4.最後に

美容液を選ぶこの機会に、今自分の肌がいちばん求めていることを再確認してみましょう。
美容液をはじめとするスキンケア商品は、それぞれが何の役割を持っているかをきちんと理解してから購入・使うことで魅力を実感しやすくなると言われています。
美容液を賢く使って、すこやかでうるおった肌を目指していきましょう!

-スキンケア
-, , , , , ,

Copyright© lovelyアリッサム , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.