自分のペースで水泳ダイエット!

♠水泳って一年中いつでもできて
マイペースにやれば、
それほど苦しくない
運動です。
♠さらに、
マイペースでらくに泳いでいても、
その運動効果は、
マラソン匹敵するぐらい
高いのです!

 

♠カラダの脂肪が多く、
関節や骨に負担がかかっている人は、
水の浮力によって負担が軽減される
水泳からダイエットを始めるのが
いいのです!

 

 

♠現在私が通っている
スポーツクラブでは
一人ひとりにあった
コースを選び、楽しく
エクササイズできますが、
私は、積極的にスイミングを
行っています。
♠20分も泳げば、カラダが熱くなって
温水プールがぬるま湯のように
感じてしまいます。
脂肪の燃焼効果は
大きいということを
実感しています。

 

♠ここでは、太りすぎてしまったカラダを
引き締め、
筋力UPと引き締まった体を
維持するために
おすすめの方法
しょうかいします。

 


1.プールでウォーキングする

♠水中のウォーキングは、
水の抵抗がカラダに掛るため
地面を歩くよりも効率的に
カラダに負荷をかけやすい
運動です。

 

 

♠そのため、効果的に筋力UPできる
方法としておすすめします!

 

♣筋力UPすることによって、日常の
動作などが楽になり、
疲れにくいカラダに変化していきます。

 

♣疲れないカラダになるということは、
若々しいカラダを手に入れることと、
なんら変わりはないのです!

 

♠歩き方として、まず
背筋を伸ばし、
はじめはゆっくり
歩いてかまいませんが、

 

♠慣れてきたら
歩幅をおおきくし、
早く歩くことを
意識してみてください。

 

♣水温が低いので自然と
カラダの脂肪をエネルギー
変えようとし、
カラダが温めようとしていきます。

 

♣そうすることによって、
消費カロリーも大きく違ってくるのです!

 

♠ちなみに、水中ウォーキング
1時間あたりの消費カロリーは、
約200~400キロカロリーです!
これも、ペースを変えれば
更にたくさんのカロリーを消費
することが出来ます。

 

 

 


2.平泳ぎをマスターする

♠数ある泳ぎの中でも平泳ぎは
顔を水につけない泳ぎが
可能になるので
呼吸法や水に顔をつけるのが
苦手な人でも
すぐに練習できます。

 

♠平泳ぎだと
うで全体を使って水をかきだし、
ふとももからあし全体を使って
蹴りだすという動きによって
全身をくまなく使うことが
できます!

 

♠私もいま、スイミングプールに
通っているのですが、
クロールや背泳ぎ・バタフライは、
ながく続けられませんでした。

 

♠気分転換に、時々そのような泳ぎをいれても
良いと思いますが、
ゆったりと泳ぎたい人には
不向きです。

 

♠平泳ぎなら、ゆったりでも
早く泳ぎたい人でも
自分のペースに合わせて楽しみながら
自由に泳げると思います!

 

♠ぜひ、長く続けられる方法を試してください!

 

♠平泳ぎの1時間あたりの消費カロリーは、
約550~600キロカロリーとなっています!

 

♦かなりのカロリー消費が期待できます!

 

 


3背泳ぎでリラックス

♣背泳ぎでリラックスなんてできないと
思うでしょうが、

 

♠私の場合、
タイムを競うような激しい
泳ぎはしないため
ゆっくりと息継ぎをし、
沈んでしまわないよう
うでを振り上げるときのタイミングで
息を吐き
手が水に入る前に
肺いっぱいに空気を入れることを
意識して泳ぎます。

 

♠この息継ぎのタイミング
はじめはゆっくり
慣れたら少し早めに行って
みるとよいでしょう。

 

♠ゆっくり行っても
カロリー消費
多く、
やりがいのある
ダイエット方法として
おすすめです!

 

 


4.クロールに挑戦する

♠さあ、次は
クロールに挑戦です。

 

♠クロールはある程度
フォームが出来ていないと
なかなか難しい泳ぎでは
ありますが、

 

♠筋力UPして
理想のカラダ
手に入れたい人にとっては
この泳ぎをマスターしない手は
ありません。

 

♠はじめにキックの仕方について説明します。

 

♥足首からつま先は柔らかくします。

 

♣太ももと膝は一直線にし、
太もも全体を使ってキックします。

 

♠水しぶきはあげないようにし、
もし、水しぶきがあがるようであれば、
膝が曲がっている証拠ですので、よく
意識して泳ぎます。

 

♠フォームが合っていると
泳ぎ終わったあと、
必ずお尻が筋肉痛になります。
♠覚えておいてくださいね!

 

♠さらに手の動きについてです。

 

♠クロールの手の動きとして、
なるべく遠くに手を入れ、遠くから
手を出す。
 
♠これを意識してください。

 

♠最後に息継ぎですが、
タイミングが重要です。

 

♠うでが胸のあたりをかいているときに
顔を横にあげ、
すぐ息を吸い込みます。

 

♠このタイミング
遅過ぎると、頭が自然とあがってしまい、
苦しくなってきます。

 

♠息継ぎの時は、まず
息を水中で鼻から八割吐き、
残りの二割を残して
水を飲みこんでしまわないよう
します。

 

♠こうすることにより、
自然に息継ぎをすることが出来るでしょう。

 

♠ながく続けるためにも、しっかりとした
フォームでおこなってください。

 

♠ちなみに、クロールの
消費カロリーは1時間で
最大1300キロカロリーにもなります!

 

♠のんびり泳いでも十分なカロリー
消費量ですので、無理せず行ってくださいね!

 

♠水泳はながく続ければ続けるほど
筋肉がしっかりとついていき、
疲れにくいカラダになって
いきますので
ぜひ継続することをおすすめします。





次回は、ダイエットにおすすめのドリンク!です。



 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近年齢のせいか太りやすく、 お肌もいまいち。 幾つになっても若々しくいたいのは 誰しもの願いです。 そんな人の為の手助けになり、自らも若くありたい。                         そう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です