オーガニックシャンプーって本当に良いの?洗浄力や効果を調べてみました!

オーガニックシャンプーって本当に良いの?洗浄力や効果を調べてみました!

オーガニックシャンプーって本当に良いの?洗浄力や効果を調べてみました!



オーガニックという言葉をご存知ですか?

何となく食べ物についての事のように思いがちですが、なんと化粧品にもたくさんのオーガニック成分のものがあるのです。

例えば、コスメブランドで言いますと…

⇒・アリマピュア・アコレル・オールザットスパ・アンダルーナチュラルズ・アクアアクア・アルジタル・アロメディカ・オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス・オーラソーマポマンダー

こんなにオオガニックコスメブランドがあるんですね!

そのオーガニックについて見てみましょう!




オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】

公式サイトはこちら↑

オーガニックシャンプーとは


「オーガニックシャンプー」とは、オーガニックな植物成分を原料として作られたシャンプーのことです。なんとなく「オーガニックは体にいい」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。オーガニックを日本語に訳すと「有機栽培」すなわち、農薬や化学肥料に頼らず、太陽や水、土など自然の恵みと有機肥料で農作物・植物を栽培するという意味です。


オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】

公式サイトはこちら↑

食品の場合は、農林水産省により有機JASマークがつけられるため、消費者がオーガニック食品を選ぶ際の目安になります。しかし、シャンプーなどの化粧品は農林水産省ではなく厚生労働省の管轄となるため、有機JASマークをつけることはできません。このため、現在のところ食品以外の「オーガニック」の統一基準がないのが実情です。オーガニックシャンプーを使いたい方は、成分表示をきちんとチェックして判断することが重要です。
オーガニックシャンプーの特徴と注意点
オーガニックシャンプーは、有機栽培された植物成分が原料となっています。自然由来の成分を使用しているため、お肌への刺激が少ないのが特徴です。特に、「ラウロイルメチルアラニンNa」や「ココイルグルタミン酸Na」といったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でかつ洗浄力もあるため、しばしばオーガニックシャンプーに使用されます。

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のシャンプーの成分に比べてコストが高いため、その分シャンプーが高価になりがちです。

また、オーガニック植物を使っていたとしても、成分を抽出するために溶剤が使われている製品や、洗浄力が強い成分を含んでいる製品もあるため、やはり購入の際は「オーガニック」という言葉だけで判断せずに、きちんと内容を確認することが大事であるといえます。



オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】

公式サイトはこちら↑

オーガニックシャンプーと育毛の関係

洗浄力の強過ぎるシャンプーは、頭皮の皮脂を余計に落としたり刺激を与えたりするため、薄毛・抜け毛の要因の1つとなります。シャンプーを肌への刺激が少ないオーガニックシャンプーに変えることで、頭皮への刺激を少なくして薄毛・抜け毛を減らせる可能性があります。

有機栽培した植物成分を原料としたオーガニックシャンプーは、頭皮に優しい洗浄成分を使用している分、通常のシャンプーよりもコストが高くなることがあります。また、保存料が配合されていないシャンプーの場合は、きちんと衛生管理をするのが重要です。
オーガニックシャンプーは頭皮への刺激が少ないため、育毛のための健やかな頭皮環境を保つ頼もしい味方にもなり得ます。




オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】

公式サイトはこちら↑

★オーガニックシャンプーの特徴
・洗浄成分が自然成分である
・添加物が極力使われていない
の2点です。

このことから、オーガニックシャンプーは

・添加物にアレルギーのある方
・低刺激のシャンプーをお探しの方
・自然派志向の方

におすすめだと言えます。


オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】

公式サイトはこちら↑
オーガニックシャンプーを選ぶ前に、期待できる働きと期待できない効果を知る

オーガニックシャンプーは全てを叶えてくれそうなイメージがありますが、そうではありません。

購入後に後悔しないよう、事前に確かめておきましょう。

オーガニックシャンプーができること
・低刺激で敏感肌やアレルギー肌にも適応
・無添加なので安心して使える
・優しい洗い心地
・香りがキツすぎない

オーガニックシャンプーに期待できない効果
・植物アレルギーの場合は使用できない
・髪にいい香りを持続させる
・シャンプー後の爽快感
・育毛・発毛効果

オーガニックは香料が配合されていないので、実は髪に良い香りを残したい方には向かないのです。

「オーガニックシャンプーが本当に自分に向いているのか」知った上で使用することが大切です。


オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】

公式サイトはこちら↑
オーガニックシャンプーの選び方

ここからはオーガニックシャンプーの正しい選び方です。

実は、日本ではオーニガック製品への規制が決まっていません。

そのため、有機植物を0.01%配合しているだけでも「オーガニックシャンプー」と呼べてしまいます。これらの偽物に騙されないために、以下を参考にご覧いただければ幸いです。

オーガニックシャンプーを選ぶ時の3つのポイント
1 アミノ酸洗浄成分
2 添加物を見極める
3 ノンシリコン

それぞれ詳しく確認していきましょう。

アミノ酸洗浄成分
オーガニック関係なく、シャンプーを選ぶ際に最も重要なのが洗浄成分です。

オーガニックシャンプーと書いてある商品でも、刺激の強い成分が使われていることは珍しくありません。

低刺激で頭皮や髪を優しく洗ってくれるアミノ酸洗浄成分を選ぶことで、オーガニックシャンプーの効果を発揮させることができます。

まずは成分表記にある「水」の次にある成分をチェックしてみてください。

★アミノ酸洗浄成分
「ラウロイル〜」「ココイル〜」「〜ベタイン」


オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】
公式サイトはこちら↑

★刺激の強い成分
「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」「オレフィンスルホン酸亜鉛」

ほとんどの商品には、上記のどれかが書かれています。参考にしてみてくださいね。

添加物を見極める
オーガニック=無添加というイメージが強い方も多いのですが、そうでない商品もたくさんあります。

無添加と書かれているシャンプーでさえ、そうでないこともあるので要チェックなのです。


オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】
公式サイトはこちら↑

★注意したい添加物
・エデト酸塩(EDTA)…金属イオン封鎖剤。肌荒れやぜん息の悪化を引き起こす可能性があります。

・ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)…酸化防止剤。体への悪影響が起こる可能性があります。

・ジエタノールアミン…保湿剤。体への悪影響が起こる可能性があります。

しかし、品質を守るためにも、安全性が認められている添加物は入っていた方が良いです。無添加にこだわるのではなく、悪い添加物が配合されていないか注意するのが正しい見分け方です。


オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】

公式サイトはこちら↑
★安全性の高い添加物
ジステアリン酸PEG-150
→天然成分では落としきれないスタイリング剤などを優しく落とします。

添加物の種類はとても多いため、全てを把握することは難しいですが、いくつか知っておくとシャンプー選びに役立ちますよ。

ノンシリコン
シリコンが悪いという訳ではありませんが、オーガニックシャンプーの場合、基本的にノンシリコンで作られます。

ここでも気をつけなければならないのが、ノンシリコンと書いてあってもシリコンに似たコーティング剤が使われている商品があることです。

成分表記にはシリコンという言葉では書かれていないので注意しましょう。

ノンシリコンシャンプーの場合、髪の手触りを良くする成分に精油が使われていることが多いので、そちらもチェックしてみると良いですね。



オーガニック&プレミアム【Lus Riche ラスリッシュ】

公式サイトはこちら↑

私はもっぱらオーガニックにはまり使い続けています。
実際使おうかどうか迷っていた方もオーガニックの良い所 悪い所をわかった上で考えてみてはいかがでしょうか(⌒∇⌒)

Author: naomi

naomi
最近年齢のせいか太りやすく、 お肌もいまいち。 幾つになっても若々しくいたいのは 誰しもの願いです。                  

Leave a Comment

All fields are required. Your email address will not be published.