スキンケア ダイエット

ヨーグルトは効果なし?乳酸菌食品の接種はカラダの内側にも美肌にもいい理由!!【パワーLPSwith乳酸菌】

更新日:

目次
ヨーグルトで知られる乳酸菌にはどのような種類があるの?★
乳酸菌食品の効果は絶大?★
乳酸菌食品は沢山ある!効果的な摂取方法🌸
乳酸菌がもたらす美肌効果とは?🌸
LPS(リポポリサッカライド)ってなに?
効果的にサプリメントで摂取!パワーLPSwith乳酸菌
パワーLPSwith乳酸菌の効果と口コミ★

ヨーグルトで知られる乳酸菌にはどのような種類があるの?

一口に乳酸菌と言っても、たくさんの種類があります。その数なんと200種類以上です。ですが、乳酸菌だから何でもOKと言うわけではありません。

認知度の高い乳酸菌としては以下のようなものです。
生きたまま町内に到達するガセリ菌、乳酸菌シロタ株や、アレルギーなどの免疫バランスを整えるLー92乳酸菌やフェカリス菌などがあげられます。

また、風邪やインフルエンザなどの予防効果の高いプラズマ乳酸菌やモラック乳酸菌などのニーズも高まりつつあります。そして胃がんの原因になると懸念されているピロリ菌の活動抑制が期待されるLG21乳酸菌もあります。

「乳酸菌は腸によい」ことは知っているけれど、何がどうよいかという点はわからない。そんな方に向けて、乳酸菌が持つ整腸効果とはどういうものか、整腸効果によってどのようなよい作用があるのでしょうか?

乳酸菌食品の効果は絶大?★

下痢や便秘の改善🌸

大腸の働きが悪いと便が腸の中に長く留まり、水分が吸収されすぎて固くなり、排出されにくくなります。これが便秘です。逆に、水分吸収がうまくいかないと下痢になります。

乳酸菌には、便秘や下痢を改善する整腸作用があります。乳酸菌を摂取すると、大腸で糖分などをエサにして大量の乳酸を作りだします。この乳酸が腸壁を刺激して腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、排便をスムーズに促してくれます。

悪玉菌の繁殖を抑える🌸

健康な人の腸内では、100を超える種類の菌が約100兆個も棲息しています。これらの菌は、以下の3つに分けることができます。

・善玉菌…乳酸菌やビフィズス菌に代表される、体によい作用を持つ菌。腸内を酸性にすることで、悪玉菌の繁殖を抑え、外部から侵入するウイルスなどの敵を撃退します。

・悪玉菌…ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌などに代表される、体に有害な作用をもたらす菌。有害な物質を作りだして腸内をアルカリ性にし、免疫力を低下させてしまいます。肉類や脂分を多く摂取すると悪玉菌が増え、蠕動(ぜんどう)運動が低下して便秘になったり、発がん物質を産生したりします。

・日和見(ひよりみ)菌…バクテロイデスや連鎖球菌など。善玉菌が多いときは問題ありませんが、悪玉菌が増えると有害な働きを起こすことがあります。
もともと腸にいる善玉菌の数が少なくなったり、働きが弱くなったりすると、悪玉菌が増えて健康を害することになりかねません。そこで、外部から乳酸菌を摂取して、善玉菌の働きをサポートすることで、悪玉菌の繁殖を抑えることができます

乳酸菌食品は沢山ある!効果的な摂取方法🌸

整腸作用の高い乳酸菌を摂る★

乳酸菌が多く含まれる食品といえば、ヨーグルトや乳酸菌飲料。漬け物やキムチ、味噌といった発酵食品にも含まれています。最近は、生きたまま腸まで届いて、高い整腸作用を発揮する乳酸菌を加えた機能性ヨーグルトやサプリメントなども登場しています。

オリゴ糖や食物繊維も一緒に摂る★

オリゴ糖や食物繊維は乳酸菌のエサになり、乳酸菌の働きを助ける役目があるため、一緒に摂るようにすると効果的です。オリゴ糖は、大豆に代表される豆類やネギ類、ゴボウ、アスパラガスなどの野菜に含まれています。

「食物繊維を摂っているのに、便秘がよくならない。」という人は、“水溶性の”食物繊維が不足している可能性があります。果物や海藻類などに含まれる水溶性の食物繊維は、腸内で溶けることで便通を改善させます。などに含まれる水溶性の食物繊維は、腸内で溶けることでオリゴ糖を作りだします。

毎日コツコツと食べ続ける★

外部から取り入れた乳酸菌は、それほど長くは滞在せず、排出されていってしまうため、毎日食べ続けることが大切です。
今注目!最先端成分「LPS」と乳酸菌配合!【パワーLPSwith乳酸菌サプリ】

乳酸菌がもたらす美肌効果とは?🌸

肌が外部刺激を受けると、体内で白血球の一種であるマクロファージが肌の修復を行います。ですが、何らかの原因で腸内環境が乱れていると、このマクロファージの働きが鈍くなり、肌の修復が遅れてしまいます。

それによって敏感肌やアトピー性皮膚炎が悪化してしまうのです。また、バリア効果も乱れるために、刺激を直接受けて乾燥が酷くなるでしょう。これにより腸の健康は、肌の健康に比例すると言っても過言ではないのです。

乳酸菌はビオチンというビタミンを作り出します。このビオチンこそ、皮膚の炎症や粘膜強化に欠くことのできない栄養素なのです。特に、アトピー性皮膚炎や花粉症などの皮膚症状で生じやすい痒みの元は、ヒスタミンという物質が誘発します。

ビオチンはこのヒスタミンを抑えてくれる効果もあるため、掻きむしって肌のバリア効果を崩してしまう事も防いでくれるでしょう。

特にビオチンの生成で欠く事のできない乳酸菌はアシドフィルス菌と呼ばれる乳酸菌です。
また、乳酸菌は肌トラブルの代表でもあるニキビやアトピー性皮膚炎、敏感肌だけでなく、更年期頃に発症さやすい「酒さ」(しゅさ)と呼ばれる赤ら顔にも効果を示す事がわかっています。

LPS(リポポリサッカライド)ってなに?

免疫ビタミンと呼ばれる「LPS」は、正式名称を「リポポリサッカライド」と言います。日本語では「糖脂質」を指します。LPSは、日本の免疫学者、杣源一郎(そまげんいちろう)氏を中心とした研究者グループにより発見されました。免疫細胞のひとつであるマクロファージに働きかけることで免疫機能を活性化し、免疫力を高めるとされています。また、このLPSが不足すると、癌やアトピー・アレルギー、肌荒れ等さまざまな病気に罹ることがわかってきたのです。

特に和漢成分にLPS(リポポリサッカライド)含有が高い★

私たちが食している素材にも含まれているLPS(リポポリサッカライド)。その中でも、特に和漢成分にLPS(リポポリサッカライド)含有が高いことが分かっています。
それは和漢成分の製法が、余計なことをせず、素材をそのまま乾燥しているからなのだと考えられています。

【 食用・薬用植物中のLPS(リポポリサッカライド)含量(μg/g) 】

明日葉
13.8
ゴーヤチップ
0.2
桑の葉(粉末)
1.1
大麦若葉(粉末)
0.5
ケール(粉末)
0.2
ほうれん草(粉末)
1.3
ワカメ(乾燥)
21.2
メカブ(粉末)
42.8
クロレラ(市販健食)
0.2
キノコ菌糸体抽出物(市販健食)
0.8
蕎麦外層粉
5.9
小麦フスマ(市販健食)
8.8
小麦胚芽(市販健食)
7.5
シイタケ末(市販健食)
2
発芽大麦ファイバー(市販健食)
3
渋柿(発芽食品)
17.1
ドクダミ(乾燥)
5.5
鬱金(和漢)
30
人参(和漢)
50
柴胡(和漢)
40
甘草(和漢)
30
葛根(和漢)
30

効果的にサプリメントで摂取!パワーLPSwith乳酸菌

パワーLPSwith乳酸菌は、スタミナあふれる生き生きとした生活をお手伝いします!

乳酸菌を厳選して配合!1日の摂取量(3粒)になんと、
LPSが750Ug 含有!!ギュッと凝縮されています。

スキンケアの主要成分にも働きかけるLPSは、美容や化粧品の分野からも注目されています。

パワーLPSwith乳酸菌の効果と口コミ★

気分もお腹も快調です!
サプリにとても興味があり、美容系、胃腸系、いろいろ試して来ました。その結果、1日に飲む量が多くて、飲むのがひと仕事。。結果的にどれが何に効いているのかもハッキリせず。
このLPSサプリは1日2~3粒、これだけ飲めば、お肌の調子もいいし、お腹も快調でとても助かります。一番嬉しいのは気分がスッキリして、以前より前向きになった事です。家族にも勧めています。
これはすごい!
以前、民法のTVでLPS成分の特集がされていて、免疫力を効率的に上げるためにはLPSを摂取した方がいいと教授?がおっしゃっていたので気になり初め、LPSが入っている食べ物をネットで検索し、積極的に食べてきましたが、サプリがあるなんて!すごい!ショップチャンネルはいつも、いち早く素晴らしい商品を発売してくれるので、大変助かります。ありがとうございます!免疫力は何よりも大事なので家族みんなで期待して飲み続けます。

-スキンケア, ダイエット
-, ,

Copyright© lovelyアリッサム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.