ダイエット 女性の悩み

美容のために脂肪溶解注射を考えている方へ…脂肪吸引術よりも安全はほんと??

更新日:

疑問!脂肪溶解注射ってどんなもの??

 
脂肪溶解注射(メソセラピー)というものを
聞いたことがあるでしょうか。
あまり身体に負担をかけず
短い施術時間で痩せられるという痩身術で
傷跡も残らないため、人気が出ている方法です。

ですが、脂肪溶解注射での失敗例も出ており
しっかりと把握しておかないと
治療を受けた後で、思わぬダメージがあるかもしれません。

脂肪溶解注射は安全なの??こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

 

・脂肪溶解注射を受けたいけど副作用の危険性が気になる

・実際に脂肪溶解注射を受けて失敗した人や後悔している人はいるの?

・脂肪溶解注射は脂肪吸引よりも安全って聞いたけど本当?

美容のために…脂肪溶解注射を受けたいけど副作用の危険性が気になる!

Woman with Hand on Face --- Image by © Royalty-Free/Corbis

 

メソセラピーは、施術直後から体内の脂肪細胞が破壊されていくため、軽い腫れやむくみ、内出血、筋肉痛のような痛みが出るケースがあります。ほとんどが化粧で隠すことが可能な程度ですが、中にはひどく腫れる人もいるとされています。症状は数日でなくなるものですが、万が一痛みが激しい場合や数日経過しても腫れが引かない場合は、速やかにドクターに相談しましょう。

メソセラピーに使用される脂肪溶解剤「フォスファチジルコリン」は、世界的に認められている安全性の高い薬ですが、他の医薬品と同じように、人によってはかゆみや皮疹、気分不良などのアレルギー反応が出る場合があります。また、「フォスファチジルコリン」の主な成分は大豆を原料にしたレシチンのため、大豆アレルギーの方は施術を受けることができません。

トラブルを避けるために、治療を受ける前にパッチテストを行うクリニックがほとんどですが、その場合でも、薬液にどのような成分が含まれるのかをドクターに詳しく説明してもらうことをおすすめします。

美容のため…脂肪溶解注射を受けて失敗した人や後悔している人はいるの?

 

脂肪溶解注射には、安易に様々なドクターが手を出しているイメージがあります。

脂肪の知識をきちんと身に付けないで簡単な治療法だからと言って手を出してしまうと、失敗につながるケースがあります。

脂肪溶解注射の失敗例
とにかく顔が変になった
左右のバランスがおかしくなった
老けて見えるようになった
痩せこけた

これは、脂肪を除去してボリュームをとってしまうと、余計にたるんで老けて見える場所なのに脂肪をとってしまったからです。

医師がそのような知識をきちんと身に付けていないとそういう失敗に繋がります。一旦減ってしまったボリュームは基本的には元に戻ることはないそうです。

脂肪溶解注射は脂肪吸引よりも安全って聞いたけど本当なの?

 

脂肪溶解注射の効果と安全性は?
脂肪溶解注射は脂肪吸引ほど多くの脂肪を減らすことができません。一度で溶解できる脂肪はかなり少ないので、満足できるほど多くの脂肪を減らすには何度も施術を受ける必要があるのです。

これは脂肪溶解注射のデメリットと言えるでしょう。

脂肪溶解注射を繰り返し受けても目に見えるほど脂肪が減らなかった場合、「脂肪吸引をやってしまった方が手っ取り早いのでは・・・」という気持ちに襲われるかもしれません。

このように、脂肪溶解注射の効果は脂肪吸引と比べればかなり小さいと思います。

安全性に関しては脂肪吸引ほど危険性が大きくないとは思いますが、施術直後はあざのような腫れと筋肉痛のような痛みがひどく、内出血して2倍ほどに腫れ上がることもあります。

脂肪溶解注射は1回では効果がないので、「最初の1回目がこれほど痛かったし、2回目はもうないな・・・。しかも1センチもサイズダウンしなかったし・・・。」という感想を持つ人も多いのではないでしょうか。

疑問!脂肪溶解注射の成分っていったい何?

 
脂肪溶解注射の成分としては、フォスファチジルコリンが主成分であると書かれていることが多いです。また、フォスファチジルコリンが脂肪を溶解させると解説してあります。

でも最近の研究では、フォスファチジルコリンが脂肪を溶解しないことが明らかになりました。

実はフォスファチジルコリンを水に溶かすための添加剤として配合されていたデオキシコール酸が、偶然にも脂肪を溶解していたということです。
よって、フォスファチジルコリン100%の場合は脂肪は全く溶解しないことになります。

医療機関だから出来る脂肪溶解注射「安心ダイエット」!

疑問!脂肪溶解注射で溶けた脂肪はどこへ行くの?

 
脂肪溶解注射を受けた後に溶けた脂肪については、尿として排出されると言われています。でも実際には溶けた脂肪が尿として排出されることはありません。

体の中の三大栄養素であるたんぱく質と炭水化物と脂肪のうち、たんぱく質については必要ない分は尿として体の外に排出されます。

だけど炭水化物と脂肪はカロリーを消費して燃焼しないかぎり、なくなることはありません。脂肪溶解注射で溶かした脂肪は体の中にとどまっているのです。

溶けたカラダの脂肪はいったいどこへ行ってしまうの?

動脈硬化の原因となる中性脂肪として血液中に取り込まれて全身を巡ります。(体質的に動脈硬化になりやすい人の場合、この点は脂肪吸引より危険性が高くなります。)
この時に運動をしてカロリーを消費すれば燃焼してなくなるわけですが、運動をしなければ再び脂肪組織に取り込まれて体に蓄積されます。

要するに、溶かした脂肪は体の別の部分に付くので、脂肪溶解注射を受けても痩せることはない、ということです。

脂肪吸引の場合は術中に脂肪を取ってしまうので術後に痩せたと言えなくもないのですが、脂肪溶解注射の場合はそうではありません。
これも脂肪吸引と脂肪溶解注射の効果の違いの1つと言えます。
医療機関だから出来る脂肪溶解注射「安心ダイエット」!



脂肪溶解注射…よくある質問★

メソセラピーは何回くらいやる必要がありますか。
メソセラピーは注射による穏やかな作用なので効果は徐々に表れ、個人差もございますが、同部位に3回程度の施術をお受け頂いて効果を実感され、ご満足される方が多くなります。
お注射だけですので、大きな腫れなどはございません。
太ももの脂肪吸引をしたいのですが、リバウンドが心配です。
あと、治療したらすぐに効果はありますか?
脂肪吸引はリバウンドがなく、脂肪をお取りするので治療後から確実な効果をお感じ頂ける、大変人気のある治療法です。
まずは、実際のご状態を拝見させて頂き、医師より詳しくご案内をさせて頂きたいと思います。

脂肪溶解注射の詳しい内容はこちらをご覧ください。
医療機関だから出来る脂肪溶解注射「安心ダイエット」!



-ダイエット, 女性の悩み
-, ,

Copyright© lovelyアリッサム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.