ニキビ

【思春期ニキビ】薬用アッカノンの効果を口コミで検証!

更新日:

脂性肌が悩み!ニキビを早く治したい!薬用アッカノンの効果をチェック



ニキビ肌って子供のころからの悩みだったりする人も多く、唯々顔を洗ってみたり

油を摂らないようにしたりと極端な方法に走ってしまいがちです。

でも、もし食事で簡単に治せるんだとしたらどうしますか?

食事でもニキビのできにくい肌になれるようですよ?

食事はニキビ肌に大きく影響しているの?

ニキビの原因は偏った食事やストレス、洗い残しなど様々なので、治し方も原因にそって対策してしていきます。どのニキビの治し方でもいえることは正しい食事や生活環境、ストレスや正しい洗顔などが基本となってきます。

ニキビの原因は、年齢によってもかわってきます。思春期には、たくさんニキビができて悩んでいた人も、大人になってからは一切でない場合もあります。またその逆で思春期は全くなかった、ニキビが大人になって出始めたという方もいます。必ず原因がありますので、それを突き止め適切な治し方で対策していきましょう。

ニキビの主な原因は?

・皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まってしまうことでおこる
・肌の代謝が衰え、古い角質が蓄積されてしまうことで毛穴が塞がれておこる
・ストレスや睡眠不足によるホルモンの乱れ
・偏った食事による栄養バランスの乱れ
・シャンプーやリンス、洗顔フォームのすすぎ残し

特に現代人はストレスを溜め込みやすいので、ニキビ用の洗顔フォームや化粧水を使っているのに治らないという場合は、精神的なものが原因かもしれません。

女性特有のニキビの原因とは?

ニキビは男女関係なくできて欲しくないものですが、ここでは女性特有のニキビの原因を見ていきます。実は女性の肌トラブルの原因の大半は「女性ホルモンのバランスの乱れ」なんです。女性ホルモンという言葉は女性なら雑誌やテレビで目にすることも多いでしょう。
ご存知かもしれませんが女性ホルモンには2種類あります。
エストロゲン
プロゲステロン

です。
具体的に私たちの体にもたらす効果は以下の通りです。
エストロゲン…女性らしい体のラインを作ったり、肌の調子を上げてくれる。
プロゲステロン…皮脂の分泌を促す。精神を安定させ幸福感を得やすくしてくれる。

生理前はエストロゲンよりもプロゲステロンが増えるため、特にニキビが出来やすくなってしまいます。女性の肌の調子はこのふたつのホルモンのバランスにより保たれているので、どちらかが多過ぎるとトラブルを起こしてしまうのです。

食べ物はダイレクト…
偏った食事こそニキビの原因!

よく、油っこいものを食べるとニキビができると言います。

これは、動物性の脂質により皮脂の分泌が過剰になるためです。ファーストフードやコンビニのカウンターフーズは動物性脂質を多く含んでいるのでニキビに良いとは言えません。ナッツ類はニキビの元と言われますが、ローストされた物であれば問題ありません。
甘いものもニキビによくありません。

理由は糖分を分解する際にビタミンを使うため、肌のターンオーバーが乱れてしまうからです。
また、コーヒーや紅茶、アルコールもニキビの元です。

カフェインはビタミンBの吸収を妨げるため、糖分と同じく肌のターンオーバーを乱してしまいます。アルコールは皮脂腺を刺激するため、皮脂の分泌を促してしまいます。いずれの食品も摂りすぎには充分気をつけましょう。

ニキビに良い食べ物

ニキビ肌の方へおすすめしたい食べ物
すこやかな肌を保つためには、バランスよ良い食生活が大切なポイントになります。
まずバランスの良い食生活を送ったうえで、特にニキビができやすい方におすすめしたい食材と食べ方をご紹介します。
ニキビができやすい方が、不足しないように積極的に取り入れたいとされているビタミンがあります。
主に「ビタミンA」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」「ビタミンE」の5種類です。
そこで、それらのビタミンを含む食材を、それぞれご紹介します。


ビタミンA

ビタミンAは、健康的な皮膚を保つ役割があると言われている栄養素です。
ビタミンAを含む食材には、次のようなものが挙げられます。
にんじん、トマト、ほうれんそう、豚レバー、モロヘイヤ、卵、うなぎ、あなご、こまつな、牛乳 など
ビタミンAは脂溶性のビタミンのため、油で炒めるなどして食べることがおすすめです。

ビタミンB2

ビタミンB2は、過剰な皮脂を防ぐ役割があると言われている栄養素です。
ビタミンB2を含む食材には、次のようなものが挙げられます。

卵、納豆、うなぎ、モロヘイヤ、とうがらし、チーズ、アーモンド、よもぎ、どじょう など
ビタミンB2は、調理方法による影響を受けにくいとされているため、自分好みの調理法で食べると良いでしょう。

ビタミンB6

ビタミンB6は、ビタミンB2と同じく過剰な皮脂を防ぐ役割があると言われている栄養素です。
ビタミンB6を含む食材には、次のようなものが挙げられます。
まぐろ、にんにく、鶏肉、さんま、牛肉、ピスタチオ、ごま、豚肉、さんま など
ビタミンB6をじょうずに取り入れるには、調理などをするよりも、新鮮な状態のまま食べるのがおすすめです。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける役割があると言われている栄養素です。
ビタミンCを含む食材には、次のようなものが挙げられます。
赤ピーマン、アセロラ、ゆず、レモン、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、キャベツ、いちご など
ビタミンCは、水に溶けやすく熱による影響も受けやすいと言われています。そのため調理をするときは、さっと炒めるなど手早く調理をすることをおすすめします。

ビタミンE

ビタミンEは、体内の酸化を防ぐ役割があると言われている栄養素です。
ビタミンEを含む食材には、次のようなものが挙げられます。
さつまいも、じゃがいも、アーモンド、落花生、かぼちゃ、うなぎ、ほうれんそう など
ビタミンEは、ビタミンCを含む食材と一緒に食べるのがおすすめです。またビタミンEを含む食材自体の酸化は早いとされているので、できるだけ新鮮なうちに食べるとよいでしょう。

ニキビ肌でお悩みの方へ
薬用アッカノンをおすすめします。




赤ニキビ専用オールインワンジェル【薬用アッカノン】

薬用アッカノンってどんなもの

こちらは赤ニキビ専用のオールインワンジェルの「アッカノン」という赤ニキビに効く薬でその後のケアも一緒にできます。

アッカノンは、
赤ニキビケア薬用化粧品人気第1位に輝いてます。
知らないところでこんな通販商品があるのかと驚きですね。
赤ニキビ専用ということで、気になる部位であればどこでも気軽に使用して構わないということで赤ニキビに悩んでいるという人はぜひ一度試してみてはどうでしょうか。
気になる口コミでも、
・1週間でニキビが目立たなくなってきた
・ニキビができてもすぐに治るようになった
・3週間後にはできるニキビが小さくなった

と1ヶ月以内ですぐに効果を実感しているという人の声も寄せられています。
このアッカノンが赤ニキビ専用で人気NO.1とまで言われるようになったポイントとしては、
「21世紀の驚異的秘草」と言われるブラフミーと、欧米で古くから美容や健康に用いられてきた西洋ハーブ「ウィッチ(魔女)ヘーゼル」の別名を持つハマメリスをブレンドしているところです。
さらにはプラセンタ、アーチチョーク、マンダリン、ユーカリの美肌成分を配合して肌のスキンケア。
ニキビができる原因となる余分な皮脂が出てこないようにさらに黄金比率のエキスも配合されています。



赤ニキビ専用オールインワンジェル【薬用アッカノン】

薬用アッカノンの口コミを見てみましょう!

白いニキビは

もう、出来なくなってきました!!
後は赤い腫れてるところが落ち着けば、とてもツルッとした肌になれそうです!!
これからも、頑張って、白い透明感のある肌を目指しますので、毎月、おハガキ書きます!!
お願い致します(^o^)




赤ニキビ専用オールインワンジェル【薬用アッカノン】

とっても綺麗な肌に!

首回りは本当に、全く肌荒れはなくなりました!!
あご周りは1番ひどかったのでやはり少しありますが、生理前に少しポツポツとできるだけでだいぶ収まるようになってとてもうれしいです♪
なかなかしぶといニキビばっかりでしたが今は痛いニキビもあまりできずに朝起きてからのお肌の落ち着きにはいつも感動します♪
良い商品を本当にありがとうございました!




赤ニキビ専用オールインワンジェル【薬用アッカノン】

さっきのアンケート詳しく書けなかったので

高校の時の友達に移されたニキビは、パフを使い回ししたので、頬にできるようになってしまいました。
顔ををしっかり洗って枕も毎日タオルを変えていたのですが、思春期と言うこともありなかなか直りませんでした。いろんな有名なニキビの美容液を使ってみましたが、
25位まではずっと痛いニキビがたくさんできていました。
ピルを飲んだりホルモンバランスを変えてみたり、なかなかあごのニキビは治りませんでした。

ただやみくもにクレンジングをしたり、お高い美容液で肌自体を改善しようとしても治らなかった…。
そんな方はやはり内側から改善すべきではないでしょうか。
食事を改善してこそ分泌される脂肪も減っていきデトックス効果のあるものを取り入れてそもそもの原因を排除してから外側のケアを行う。
これこそがニキビ肌改善の一番の近道だと私は思います。

-ニキビ
-

Copyright© lovelyアリッサム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.